童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

WaLendが「からだにいいこと 5月号」に掲載されました!

やっと書ける(笑)

WaLendが「からだにいいこと 5月号」に掲載して頂いております。

感謝!感謝!

f:id:testimobarca-kikuchi:20180316202624j:plain

 

著名な女優さんやモデルさんが表紙を飾る様な雑誌に掲載して頂き、めっちゃ嬉しいです笑

 

メール取材のみでしたので、サービスにかける思いが伝わることは難しいと思うんですが、少しでもWaLendが多くの女性に伝わって欲しいなぁと思います。

 

P86の"タンスの肥やしをお金にする「貸す」「売る」サービスと題しまして、簡単な概要だけを載せて頂いてると思います。

なぜ思います?と書いているのかと言いますと、実は弊社が九州の為、発売日に雑誌が手元にないんですよ苦笑

 

是非、コンビニ、書店で見掛けたら、ご覧ください!(立ち読みでもいいので笑)

今日はここまで!ありがとうございました!

 

 

WaLendではプログラマー・デザイナーを募集しています。

経験・学歴は一切問いません。

情熱だけ持ってきてください。

 

お問い合わせはこちらまでinfo@walend.jp

 

 

 

 

 

月曜が待ち遠しく、金曜が憂鬱に

 

経営理念と言われても、ありきたりな理念ばかりですよね。

21世紀を代表する会社〜、従業員を大切にとか、どれもピンとこない。

従業員を大切にとか当たり前だろ、バカタレが!と叫びたくなります笑

吹けば飛ぶ様な弊社が同じ理念を考えても独自性がないし、心に刺さらない。

 

そこで、私はどんな会社を創りたいか、どんな会社を創ったら僕の人生は満足だと思えるのか考えました。

 

それは

月曜が待ち遠しく、金曜が憂鬱に

結局、行き詰めたらこれしかないのかなと。

憂鬱じゃなければ仕事じゃないと仰っている方がいますが、僕は古いんじゃないかと・・・

僕も働いてくれる仲間も、こう思えなければ幸せじゃないじゃんと。

 

あなたは、学生時代からずっと月曜が憂鬱で金曜が待ち遠しくなかったですか?

殆どの社会人、学生の方は、そんなもん当たり前だろ!と思う方も多いでしょうし、実際そういう方が多いでしょう。

 

しかし、本当に憂鬱じゃなければ仕事じゃないんでしょうか?

弊社の事業は、たくさんの女性を笑顔にしていく、とても素敵な事業です。

自分で言うのもおこがましいですが笑

 

それに、あなたは毎日憂鬱だ・・・という陰気な顔で接客されたり提供されるサービスで満足できますか?

 

WaLendに一生に一度しかない貴重な時間を捧げてくれる仲間に、そんな思いで働いて欲しくないと僕は思うんですよね。

じゃあ月曜が待ち遠しく、金曜が憂鬱になるにはどうすればいいのでしょうか?

その答えは、今の僕にはわかりません。

しかし、そう思う事で、段々と形になっていく事ではないでしょうか。

 

かつて、松下幸之助さんはこう仰っていました「ダムの様な経営をせなあきませんな、

しかし私もダムの様な経営とはどうすればいいのかわかりません。大事なことは"思う”ことですな」

 

僕は経営者は環境を作ることが仕事だと思っています。

サッカーに例えると監督が経営者であり、選手は従業員です。

あくまでも主役は選手であり、監督は戦略を考え、選手に伝えたら、あとは結果に対して責任を持ち選手を信じるだけです。

 

まずは思うこと、そこが大事だなと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ちょっとお休みしましたけど、これからシェアリング関連の記事を書いて行きますので、お楽しみに!それでは!

 

WaLendではプログラマー・デザイナーを募集しています。

経験・学歴は一切問いません。

情熱だけ持ってきてください。

 

お問い合わせはこちらまでinfo@walend.jp

 

 

 

 

 

シェアリングエコノミー ユーザー以外の影響について

まだ始まったばかりの業界なんで、シェアリングエコノミー を知らない人は結構いらっしゃいますよね。

 

私も弊社のサービスを説明する際に、着物を所有している方は割と年配の方が多く、シェアエコと説明しても分からない方が多いので、「昔の近所の醤油の貸し借りの様なサービスなんです」とご説明して、やっとご理解いただけるかなという印象ですね。

 

ユーザー以外の一般人に迷惑がかかっているトラブルが結構あるんです。

こちら

www.excite.co.jp

 

こちらは中国で爆発的な普及率のあるシェアサイクル、セブンイレブンなどの大手企業も参入しているシェアサイクルなんですが、こういったトラブルも結構あるみたいで、

比較的に民度が低い中国(ごめんなさい笑)では社会問題となっており、日本ではシェアサイクル専用の駐輪場なんかの整備も進めないと無理かもしれませんね。(駐輪場を作ったら乗り捨てが売りのシェアサイクルの意味がないじゃんと個人的に思うんですが・・・)

 

こちらの動画にもある様に弊害も多そうです・・・

www.youtube.com

 

airstair.jp

 

私が田舎に住んでいるからか、近隣の住民は顔見知りが多く、外国人が近隣を歩いていたらかなり目立ちますし、日本人でさえ知らない人が近隣を徘徊していたら、あまりいい気はしないかもしれませんね。

Airbnbで貸し出すにしても、ご近所の目を気にしてやらない方は多いかもしれません。(特に身内の者はやる人間はいないかもなぁと笑)

田舎って、結構面倒臭いんですよね・・・笑

マンションやアパート暮らしをされていらっしゃる方は騒音で眠れなかったりする事もありそうで不安でしょう。

一番歴史のある企業でも、まだ10年ちょっとの会社ばかりで企業名で判断する日本人にとってはちょっとやってみよう使ってみようという気持ちが起きるのは、かなり先のことなのかもしれません。

弊社が取り扱っている着物も某企業のおかげで、胡散臭いと思われる事も多くなりいい迷惑なんですけどね(苦笑)

 

一気に信頼を勝ち取っていけるほど、甘くないですし、やはり千里の道も一歩からという事なんでしょうね。

 

今回はここまで!ありがとうございました!

 

株式会社WaLendでは、現在、プログラマー、デザイナーを募集しております。

年齢・職歴は問いません。

志ある方を募集しております。

ちょっとでも興味あるよ!というあなた!

info@walend.jpまで!

お待ちしております!!!

シェアリングエコノミー ぶっちゃけ対策してんの?(プラットフォーム側)

前回の記事はこんな感じ

walend.hatenablog.com

 

さて、この記事を読んで、じゃあ運営側の対策はどんな感じなの?とお思いでしょう。

今回は、運営側がこの様な課題を受け、どう対策を行なっているか書いていきますね。

 

1.対応策1.サービスのクオリティと支払いの保証

取引に関する不安を排除する為、多くのプラットフォーム側は相互評価制度を設けています。

提供者と利用者が、お互いを評価・レビューする事で、いい加減な対応や不適切な要求等といったトラブルを未然に防ぐ事ができます。

サービスを提供する側は、質の高いサービスを提供する事で評価が上がり、プラットフォーム内のサービス向上に繋がり、利用者の評価をチェックする事により安心してサービスを提供できる人物であるかをチェックする事ができます。

 

さらにサービス利用者の安全や信頼を確保する為に、公的な身分証明書が求められるサービスもあります。

身元が不明な第三者にサービスを提供することは提供側にとってはリスクでしかなく、ものシェアは最悪の場合、盗難のリスクもありますので、弊社の場合ですと、会員登録の際に、顔写真付きの身分証明書の提示にご協力を頂いております。

 

金銭の授受が発生する場合は、対面で直接現金をやり取りするのではなく、プラットフォームを通じて決済することで、未払いや支払後にサービスが提供されないなどのトラブルを防止しています。

弊社でも同じ様な対応を行っており、借主からの予約、前払いが原則となっております。

 

事業者としての安全への配慮

 

今の所、プラットフォームによる提供者への注意喚起や研修くらいしかできることはない様です。

弊社では、貸主様向けに小規模の説明会やイベントといった交流会を定期的に開催しており、リアルでのコミュニケーションを行う様に努力しております。

 

さて、今回はここまで!

ありがとうございました!!!

 

株式会社WaLendでは、現在、プログラマー、デザイナーを募集しております。

年齢・職歴は問いません。

志ある方を募集しております。

ちょっとでも興味あるよ!というあなた!

info@walend.jpまで!

お待ちしております!!!

 

 

 

 

 

 

シェアリングエコノミー 安全性の担保

さて、今回はシェアリングエコノミー 普及の課題について、深掘りしていこうと思います。

今回は「サービス提供者、利用者の安全確保」についてです。

 

日本で中々、シェアリングエコノミー が流行らない要因の一つとして、トラブル対応に対する対応が不安だからとの事。

 

シェアリングエコノミー 系のサービスの場合、サービス提供者は企業(大企業)ではなく、素性やバックグラウンドが分からない個人やベンチャー企業となります。

その為、提供されるサービスの質に差があり、マナーの悪い利用者によるトラブルや事件に巻き込まれてしまう可能性があります。

 

実際にこういったトラブルも起きています。

share-life.me

 

【要注意】Uberを使ってみたらドライバーとUberに騙されてとんでもない目に・・・ | 人生を変える「海外一人旅」バージョンアップ版

 

CtoC(個人間取引)の場合、事業者の様に安心・安全に配慮した取り組みは、まだまだ不足しているのが実情です。

 

トラブル対応への不安を抱えるのは当事者(提供者・利用者)だけではない事も多く、

民泊ではゴミ問題や騒音問題、駐車場シェアでは、全く知らない第三者が利用する事も近隣住民にとって不安の種となる事もあるでしょう。

 

car-teach.com

 

www.crystalbowlhealing.info

 

今回は課題について書いてみました。

次回は、この様なトラブルや不安に対して、事業者がどの様な対策を行なっているのかまとめていきます。

ありがとうございました!

 

株式会社WaLendでは、現在、プログラマー、デザイナーを募集しております。

年齢・職歴は問いません。

志ある方を募集しております。

ちょっとでも興味あるよ!というあなた!

info@walend.jpまで!

お待ちしております!!!

 

 

シェアリングエコノミー 人との繋がり

シェアリングエコノミー の効用の1つとして、最も素晴らしい面だと個人的に思っているのが、単なる消費ではなく人と人との繋がりです。

サービスを受ける側、提供する側と分断される訳ではなく、シェアをしているもの同士として、そこに人との触れ合いが生まれてきます。

 

Airbnb「暮らすように旅をしよう」がテーマのAirbnbは、「体験」が1つの売りとなっています。

 

友人の体験談で申し訳ないんですが・・・

先日、友人が沖縄に旅行に行った際にAirbnbを利用したそうです。

宿泊当日には近所までホストの方が迎えに来てくれていて、宿泊先の家まで案内してくれたそうです。

鍵を受け取り、部屋に入ると、机の上に冊子が置かれており、そこには周辺のホストお勧めのお店の情報や地元民しか知らない穴場の観光スポットの情報が写真やイラスト付きで掲載されていたとの事。

また、近くを案内して頂けたり、一緒に食事をしたり、一般のホテルでは味わえないようなもてなしを受けることができ、人の温かみを感じることができ、また行きたいと言ってました。

 

「クッソ!いいなぁ〜沖縄!」という私の嫉妬は置いておいて、ホテルは信頼と安心度は高いですが、Airbnbの良さは、やはりホームステイの様な交流にある様ですね。

まさに暮らす様に旅をしよう!時間ができれば是非利用したいサービスです。

 

でも、おたくのサービスは、ものシェアだから人との交流なんてないんじゃないの?と思われますよね?笑

 

弊社では出品前に着物の思い出、例えば振袖だったら用途は主に冠婚葬祭であり成人式なので、貸主の方にユーザーに向けて手紙を書いていただいております。

直接の交流はないにしても、手紙による心の繋がりを大切にして行きたいなと思っております。

 

単なるモノシェアではなく人の思いが託されているという事を忘れずに、これからも運営していかなければならないなと改めて、この記事を書きながら思いました。

 

さて、今回はこんな感じで。

ありがとうございました!

 

株式会社WaLendでは、現在、プログラマー、デザイナーを募集しております。

年齢・職歴は問いません。

志ある方を募集しております。

ちょっとでも興味あるよ!というあなた!

info@walend.jpまで!

お待ちしております!!!

 

 

シェアリングエコノミー 遊休資産の活用

シェアリングエコノミー の効用の1つでありシェアリングエコノミー の特徴である遊休資産の活用。

今回はこの遊休資産の活用について、掘り下げていこうと思っています。

 

あなたは遊休資産というと何を思い浮かべますか?

例えば使われていない家や土地、車などを思い浮かべる方が多いんじゃないでしょうか?

前者はAirbnb、後者はUberといったシェアサービスが有名ですよね。

 

遊休資産とは?

遊休資産とは、遊休状態にある資産をいいます。
遊休状態は、企業活動にほとんど使用されていない状態であって、過去の利用実態や将来の用途の定めには関係がない現在の状態をいいます

 

企業だけではなく、個人の時間、スキル、知識、経験といったものも遊休資産ですね。

 

この遊休資産の活用により、提供者側の最大のメリットが副収入を得ることです。

そこで、今回はシェアリングエコノミー でどれだけ稼げるのか?

その疑問に微力ながら答えていきたいと思います。

 

スペースマーケット

spacemarket.com

 

貸し出すもの

不在時の自室や使っていない空家

 

副収入

1ヶ月で10万円稼いでる人がいるそうです!

 

ラクサス

laxus.co

 

貸し出すもの

使わないバッグ

 

副収入

1ヶ月70000円稼ぐ人もいるとのこと

 

WaLend

Wa Lend | つながりから生まれる幸せ/着物レンタル

 

貸し出すもの

タンスに眠っている着物

 

副収入

1ヶ月 最大8000円程

 

まとめてみると、こんな感じですね。

さすが、スペースマーケット とラクサスさんですね!

 

あなたが所有しているモノ、時間、スキル、経験も、きっと世の中に必要だと思ってくれる人は必ずいると思います。

そういった実生活では出会うことができない人を結ぶ事こそ、シェアリングサービス の一番素晴らしいことではないかと私はそう思います。

 

さて、今回はここまで。

ありがとうございました!

 

株式会社WaLendでは、現在、プログラマー、デザイナーを募集しております。

年齢・職歴は問いません。

志ある方を募集しております。

ちょっとでも興味あるよ!というあなた!

info@walend.jpまで!

お待ちしております!!!