童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

サブスクリプション 自動車業界 所有から共有へ

TOYOTAも参入している車のサブスクリプションサービス。

毎月一定額を支払う事で、自分の好きな車をマイカーの様に乗れるというもの。

 

車のサブスクリプションサービスの特徴

 

・月々のコストを抑えられる事

・家計管理がしやすい

・まとまったお金がなくても大丈夫

 

車のサブスクリプションサービス 3つの魅力

 

・新しい車に乗り続けられる

新車購入時には最新のデザイン、車両装備であったものが経年劣化していくと、タイヤ交換、オイル交換、修理等、税金はかかるし、車検もしなければならない・・・

サブスクリプションサービスならこういった費用は料金に含まれているので安心です。

いつでも最新のデザイン、最新の車両装備を整えなければならないとしたら、車の為に稼いでいるといった状態になりますが笑

サブスクなら新車にいつでも乗れるというお得感が魅力ですね。

 

・初期費用を抑える事ができる

車を購入するとすれば頭金を支払い、ローンを組み、保険や税金を支払わなければならなくなりますよね。

サブスクリプションサービスならこういった初期費用も関係なくすぐに利用する事ができます。

ミレニアム世代の車離れはこういった複雑な手続きを回避したいという方が多いんですよね。

 

・保険料や税金も込みの料金設定

自賠責保険や税金も料金の中に含まれているのが嬉しいですよね。

イカーは長く乗れば乗るほど、税金が増えますしね・・・。

 

 

おすすめのサービス

 

norel.jp

 

 

中古車販売大手のガリバーが運営する「NOREL」は、新車・中古車の中から乗りたい車をネット予約、店頭で受け取り、一定期間車を利用することができるサービスです。選べる車種は、軽自動車からSUVBMW、ベンツまでバラエティ豊かなラインナップ。新車は走行距離が5,000kmに到達した翌月から、中古車は最短90日で他の車に乗り換えることが可能です。月々の利用料金は、新車79,800円(税抜)〜、中古車:59,800円(税抜)〜となっており、対人・対物・人身傷害保険、自動車税、重量税、車検代などが含まれているそうです。 

 

 

 

 

 

kinto-jp.com

トヨタ自動車のサブスクサービス「KINTO」は、3年ごとに新しいトヨタ車に乗ることができる「KINTO ONE」と、3年間で6台のレクサスに乗ることができる「KINTO SELECT」の2つのプランがあります。

頭金や登録費用などの初期費用が不要、メンテナンスや任意保険の手続きなども定額サービスに含まれているため、契約者は車に乗るだけ。契約は店頭またはネットのみで完結し、メンテナンスや修理はトヨタ・レクサスの正規販売店で実施します。月々の利用料金は、「KINTO ONE」がプリウスであれば46,100円(税抜)~、ヴェルファイアであれば75,000円(税抜)~、クラウンであれば90,000円(税抜)~など車種によって様々。一方で「KINTO SELECT」は180,000円(税抜)となっています。

 

まとめ

現在、kintoは東京のみのサービス提供となっているみたいですが、

東京って車いらないでしょ?というのが個人的な意見です笑

都心と地方では車を使う頻度が違うと思いますし、都内の場合だと駐車料金もバカになりませんよね・・・。

これまで車の維持費を気にして車に乗る事ができなかった方にとっては気軽に車を利用する事ができる嬉しいサービスですよね。

ありがとうございました!

 

サブスクリプション 音楽の未来

今日、国内の音楽配信サービスの利用者数は2000万人を超え、日本の音楽ビジネスの売上の半分以上を占めており、無料会員は1030万人、有料会員は990万人となっています。

 

私の祖父母や両親の時代はレコードやカセット、僕等が子供の頃はカセットやCD、中学生頃からMDがきて、ipodが出てからはネットでダウンロードしてから音楽を聞く事が主流となっていました。

 

音楽業界のビジネスモデルを根底から覆したスティーブ・ジョブズ

logmi.jp

 

「1000曲をポケット」にというiPodの有名なプレゼンがありますね。

日本で言えばTK(小室哲哉)、宇多田ヒカル浜崎あゆみ、ジャニーズ、ミスチル安室奈美恵等が活躍していた時代と呼ばれる90年代から00年代初頭がCD売上のピークでしたが、iTunesといったオンラインショップの出現により、CDが全然売れない時代となりました。

現代ではそのiTunesでのダウンロードの売上も減少しており、サブスク型のサービスを利用される方が年々増加しています。

 

iPhoneなどの商品を生み出してきた天才経営者ジョブズも、ストリーミングサービスについては間違った判断をしてしまった様です。

「音楽のサブスクリプション・モデルは破綻している

セカンド・カミングをサブスクリプションモデルで提供しても上手くいかないだろう」

                        (2002/ローリングストーン誌)

 

 

 

アーティスト側もただ手を拱いている訳ではなく、ファンに新譜を送ったりコンサートへの優待、アフターパーティーへの参加券、手持ちのデバイスでは体験できないライブやファンとの交流を積極的に仕掛けて、オフラインでの交流に力を注いでいるとのこと。

www.phileweb.com

 

www.excite.co.jp

 

 

リーンスタートアップ的作曲?

MVPという言葉をご存知でしょうか?

「実用最小限の製品」

Minimum Viable Product

実験→仮説→検証

スタートアップではよく活用されている仮説検証の為の手法です。

作り込まず、必要最低限の製品を作り、顧客インタビュー等の反応を見ながら製品開発を進めます。

 

 

実験的に曲を作りファンの反応を曲作りに活かす、ファンは楽曲を共創する事ができる。

楽曲を改善しながら最終的な販売に至るまでのサイクルを最適化できる事は提供側(アーティスト)側にとっては大きな事ですし、ファンも価格以上の顧客体験を感じる事ができるのではないでしょうか。

 

まとめ

今後はサブスクリプションサービスを通して、今までは雲の上の様な存在だったアーティストをより身近に感じる様になり、単なるお客様ではなくメンバーの一人と感じてもらえる様な顧客体験を提供していけるアーティストが今後は生き残っていくのではないでしょうか。

ありがとうございました!

 

 

 

 

サブスクリプションサービス アインシュタインじゃなくダーウィンじゃないと生き残れない

突然ですが、プリズンブレイクというドラマはご存知でしょうか?

video.foxjapan.com

 

一時期、物凄いハマって観ていたんですが、このドラマの登場人物であるセオドア・バッグウェルという超極悪な囚人が主人公であるマイケル・スコフィールドに言い放った言葉が「刑務所で生き残るのはアインシュタインじゃなくダーウィンだ」という言葉なんです。

つまり「生き残るには頭の良さではなく環境に適応できる人間だ」という事が言いたかったんだと思います。

 

これは第4次産業革命、来年は5Gが始まる現代でもっとも教訓にすべき言葉だと個人的に思っています。

つまりこれからの時代の波に適応できなければどんな大企業でさえ数年後は存続しているかどうか分からないということです。

その時代の波の一つがサブスクリプションサービスです。

 

サブスクリプションサービスは従来のビジネスモデルでは成り立ちません。

何故か?

これまでの商品・サービス中心の発想からでは生き残る事ができない企業が増えてきました。

前回おすすめしたサービスの中でNetFlixも最初はTSUTAYAの様なビジネスモデルだったんですが、現在はストリーミングサービスのみで全世界で1億2000万人のアクティブユーザーがいるユニコーン企業へと変貌を遂げました。

この様に変化できなければスケールする事どころか生き残ることすら難しいでしょう。

日本一の大企業であるTOYOTAでさえ車離れが進んでいる中、サブスクリプションサービスを開始しているのですから。

 

 

ところであなたはイオンで買い物をした事がありますか?

イオンでの最初の買い物は何だったか覚えているでしょうか?

おそらく記憶にないでしょうし、きっとイオン側も分からないでしょう。

これまでの多くのお店や企業は「お客様」をお店から外へ商品を持ち出す人という価値観でしかなかったはずです。

しかし、これからのお店や企業は「お客様」にどんな時でも寄り添う事が企業の命運を左右します。

お客様、一人一人にあったサービスや商品を提供できなければ、生き残っていく事は難しいでしょうね。

 

今までの様なマーケティングや差別化は通用しない、セグメントでお客様を分けると言ったことも難しくなることでしょう。

 

 

まとめ

これまでは口先ではお客様中心でと企業側は言っている企業もあったのではと思いますが、今後の社会では本当に顧客中心でサービスや商品を提供できるかどうかが問われる時代なのではないかと思います。

ありがとうございました!

 

 

サブスクリプション あなたが利用しているサービスは何ですか?

サブスクリプションサービスなんですが、一般的な社会人生活を送られている方でパッと思いつくのが携帯電話ですよね。

月に数千円から利用されている方も多いかと思います。

個人的には、動画のサブスクリプションを利用する事が多いです。

 

今回は僕のおすすめのサブスクリプションサービスをご紹介します!

 

まずはこちら!

 

DAZN

DAZN(ダ・ゾーン)は、パフォーム・グループが2016年夏に立ち上げたスポーツ専門のOTTサービス英語版。2019年からは組織変更に伴い「DAZNグループ」として独立。世界最大級のサッカーサイト「GOAL.com」や、スポーツ動画配信サービスの「ePlayer」、さらに米のスポーツ情報サイト「スポーティングニュース」を傘下に収める[9]。 2016年8月10日にオーストリア、ドイツ、スイスでサービスを始め、同年8月23日からは日本でもサービスを開始。翌2017年にカナダ、2018年からは米国とイタリアでサービスを開始。 2019年3月1日からはスペインでもサービスを開始し、以降ブラジルも含め世界20ヶ国以上で展開を予定している[9]wikipediaより転載

 

watch.dazn.com

 

DAZNです。

僕はサッカーが大好きなんで、海外サッカーからJリーグまで幅広く見ております。

僕はリーガ・エスパニョーラが大好きで特にFCバルセロナのファンなんですが、

今まではバルサの試合を見るためにWOWOW、スカパーを契約して月に7000円近くのお金を支払っていたんですが、DAZNでは1890円なんですよね。(回し者ではないです笑)

最近は観れる時間が少ないのが悩みです・・・笑

 

 

お次はこちら!

Netflix(ネットフリックス、NASDAQNFLX)は、アメリカ合衆国オンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANG[1][2]の一つである。略称はネトフリ

本社はカリフォルニア州ロスガトスに置かれている。10万種類、延べ4200万枚のDVD保有し、レンタル向けに1,600万人の顧客を得ている。また、ストリーミング配信では既存のコンテンツに加え、独占配信やオリジナル作品も扱っている。

2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開する[3]アメリカオランダブラジルインド日本韓国にオフィスを構える[4]wikipediaより転載

 

www.netflix.com

 

映画、アニメ、ドラマなど昔の名作やNetflixオリジナルのコンテンツまで幅広く取り扱っているサブスクリプションサービスの代名詞と言われるサービスですね。

オリジナルコンテンツの制作費はハリウッドを超えていると言われていまして、

アメリカではこんまりこと近藤麻理恵さんのお片づけ番組が大流行しており、

こんまりメソッドの実践を意味するKondo-ingといった造語まで作られている。

bunshun.jp

 

もはや影響力という意味ではマスメディアを遥かに超えているサービスではないでしょうか。

 

まとめ

よく利用しているのはこの2つのサービスですね。

ネトフリは眠れない際に、ちょっとだけ観るくらいですが、オンオフを切り替えたいときに助かっています。

今回は僕がよく利用しているサービスをご紹介しました。

それでは!ありがとうございました!

 

 

サブスクリプションサービス 「食」

ここのところサブスクリプションサービスについて色々と調べたり勉強したりしているんですが、今回は個人的におすすめの「食」に関するサブスクリプションサービスをご紹介していこうと思います。

 

月額12,000円+食材費で32食分を料理家が作り置きしてくれるサービス

jp.techcrunch.com

 

現在はベータ版ということもあり、サービス提供エリアは1都3県のみとなっているみたいですね。

外食するよりご家庭で安くプロのお料理が食べられるのは嬉しいですね。

九州在住の私が利用するのはいつになることやら笑

 

 

毎月、健康的で美味しいお惣菜が自宅に届くのが嬉しいサービスです。

全国各地から選ばれた人気総菜店の素材や味を、味や風味の劣化を最小限に抑えて、自宅で簡単に食べられるように製造されています。

家族の食事作りの手間を軽減したい方には、プラス1品で食卓を豊かにしてくれる心強いサービスです。

また、外食ばかりで自炊をしない方にとっても、1ヶ月冷蔵保存可能な食べきりサイズで、レンジや湯煎で温めるだけと簡単なのが喜ばれているとの事

my.okan.jp

 

 

近くのレストラン、飲食・小売店で余してしまいそうな食品を月額定額で受け取ることができるサブスクリプションサービスです。

reducego.jp

 

売れ残ってしまって廃棄しなければならない食品と食品を割安で購入したいユーザーをつなぐサービスだそうです。

地球環境にも良さそうですし、近江商人ではないですが三方良しのサービスですね。

 

 

 

まとめ

今回、ご紹介させていただいたサービスはどれも都心を対象としており、地方在住の僕が利用するのはいつになることだろうと思いながら、書いております苦笑

今後もこういったサブスクリプションサービスをご紹介していこうと思っています。

それでは!ありがとうございました!

 

近くのレストラン、飲食・小売店で余してしまいそうな食品を、月額定額で受け取ることができます。

近くのレストラン、飲食・小売店で余してしまいそうな食品を、月額定額で受け取ることができます。のレストラン、飲食・小売店で余してし 近くのレストラン、飲食・小売店で余してしまいそうな食品を、月額定額で受け取ることができます。のレストラン、飲食・小売店で余してしまいそうな食品を、月額定額で受け取る

 

 

 

経済の仕組みが変わる?サブスクリプションサービスで物を購入しなくなる時代がやってくる

「今は物が売れない時代だ」

昨今の経営者の方々は頭を悩ませる日々が続いています。

松下幸之助氏や本田宗一郎氏の時代では、日本の高度経済成長という背景もあり作れば飛ぶ様に売れる時代でしたが、物余りの現代日本では作れば売れるなんて考えている経営者はおそらく誰もいません。

 

なぜ物が売れなくなったのか?

 

・消費者の高齢化

・人口減少

・欲しい物が見当たらない

 

これまでのビジネスは企業やお店が所有している物やサービスに対して対価を支払い、所有する、つまり所有権の移転がビジネスモデルの前提条件としてありましたが、

それでは消費者の購買意欲は下がっていきつつあり、購買意欲を喚起させるという意味でもサブスクリプションサービス(定額制サービス)を導入する企業やお店が増えつつあります。

 

消費者からすれば、定額以上の顧客体験を得ることができれば、「お得」だと感じ定期的に利用することでしょう。

また企業やお店にとってみれば、安定的な収益が見込め、顧客管理も容易になり、しかも導入しやすいメリットがありますよね。

これまでのサブスクリプションサービスはWeb系が多かったんですが、今ではリアル店舗でも徐々に浸透してきている様です。

 

・コーヒーマフィアという喫茶店では、月額3000円を支払えば一回行く度にコーヒー一杯が無料との事。

一杯300円だとして、11日以上行けば元を取れる計算になりますね。

coffeemafia.jp

 

 

野郎ラーメンというお店では月額8600円支払えば一日一杯、3種類のメニューから1品無料との事。

こってり系が好きな方にはおすすめかと思います。

www.yaroramen.com

 

 

女性におすすめなサービスがこちら

月額6980円から9800円でプロのスタイリストが選ぶ洋服が借り放題。

www.air-closet.com

 

 

まとめ

サブスクリプションサービスのみで物を全く購入しなくなる時代がくるかと言われると、違うのかなと思いますし、本当に必要な物は所有するけど、それ以外はサブスクリプションでいいやという時代がくるのかもしれませんね。

それでは!ありがとうございました!

 

 

 

 

サブスクリプションビジネスとは?

サブスクリプションとは

サービスや体験期間に対して対価を支払うビジネスモデル。

 

 

サブスクリプションサービスの特徴は以下の通りです。

 

・継続課金ビジネスであること

 

・月額が基本であること

 

サブスクリプションビジネスには有形の物と無形のサービスがあります。

 

有形

定期購読・・・雑誌や新聞などの購読サービス

健康食品・・・サプリや健康飲料の購読サービス

ウォーターサーバー

 

無形

定額使い放題・・・NetflixDAZNの様な動画配信サービスなど

携帯料金・・・auソフトバンクNTTドコモ楽天モバイル

金融商品・・・生命保険や学習保険などの保険商品

ファンクラブ・・・アーティストやアイドルのファンクラブ等

 

 

サブスクリプションサービスが流行している背景

 

・BtoC、BtoB、共に所有する概念がなくなりつつあり、「所有」から「利用」に消費感覚が変わりつつある。

 

 

サブスクリプションビジネスの本質とは

 

ファン作りである

 

サブスクリプションビジネスとはいかに離脱させないか、継続してもらえるかが重要です。

顧客との関係構築が一番重要であり、運営側に努力が求められる。

僕はあらゆる企業がサブスクリプションサービスを導入すると、顧客への対応が変わるのかもしれないなと思っています。

例えば街の定食屋さんが、定額払えば食べ放題といったビジネスを始めることによって、固定客が付き、定額を支払っている方のみの限定メニューを提供するといった事も可能ではないでしょうか。

利用者側も損をしない様に頻繁に利用しますので、だんだんとファンになっていくんではないでしょうか。

 

まとめ

今ではWEBサービスだけではなく、飲食店などにも浸透しつつあるサブスクリプションサービスですが、TOYOTAなどの大企業でもサービスが始まりますし、どんどん私達の生活を豊かにしていく事は間違いなさそうですね。

それでは!ありがとうございました!