童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

天命 ジャック・マーが落ちこぼれだった理由

 天命って言葉をご存知でしょうか?

 

天から与えられた命令、神様との約束事。

 

この天命なんですが、僕の場合だと起業して事業家として歩んでいく事なんだろうなぁと思います。

僕の祖父、伯父、父は九州では知らない人がいない企業に勤めていました。

しかし彼等に憧れた事は一度もありません。

僕にとっていい大学を出て、いい会社に入ればいい人生を送れるって話は彼等を見ていれば幻想だと幼少期から知っていたからです。

家に帰れば溜息、家族に当たり散らかす、あっちゃこっちゃ全国各地に飛ばされて、挙げ句の果てには・・・。

同じ企業に勤めていた身内を持つ方から、父を尊敬していて、父の様になりたいと思っていたと話をされたことがあります。

彼女はOLです。

とても幸せそうなので、彼女の天命はOLだったんでしょう。

 

僕にとって「会社員」は天命ではなかったんだなと思います。

もちろん育ててもらった感謝の気持ちはありますが、彼等の様にはなりたくないという気持ちしかありませんでした。

 

 

思い起こせば僕は子供の頃から何かを企画して人を巻き込むのが好きでした。

小学校2年生の頃は学年に男子は30名しかいない田舎の学校で、20名を集めて「ちびっこJリーグ」と題して、転校前の学校と試合をしようと企て、親にバスを買って移動してくれとまで頼みました笑。

試合は実現せず、集まった20名で対抗戦をやって終わりましたが笑

幼少期には、友人と遊びに行く際にも企画書を書き、何時何分に集合とまで父のワープロで文章を計画書を書いていたんですね。

 

まぁ、僕の場合は起業する前に色々と試験というものに落ちましたし、某コンビニのバイトにも落ちました笑。

起業しなければならない状態だったんですが、今を思えば神様が導いてくれていたのかなと思っています。

 

アリババのジャック・マー氏にも同じ様な経験があったそうです。

www.youtube.com

 

凄い面白いんでぜひ!

人はこの世に生まれてくる際に、神様と約束をして生まれてくるそうです。

正に天命ですね。

ジャック・マー氏がインターネットという文明の利器に出会うのも宿命づけられていたという事なんでしょうね。

 

この生まれてくる際に約束した事と違う行動をしていると上手くいかないし、ひどい目に遭い続けるという事なんでしょうか。

確かに、起業してからあまりにもトントン拍子に上手く行きだして怖くなったこともありましたが、たくさんの人に助けて頂いたのも僕は起業して事業家として社会に貢献するという神様との約束をしてきたんじゃないかなと個人的には思っているんです。

 

 

十人十色、人の顔が違う様に天命も違います。

「どうすれば、天命だと気付けるか?」

なんとなく上手くいかない、否定される、居心地が悪いといったことがあれば、

環境を変える、転職するといったサインが出ているのかもしれません。

応援する人が出てくれば、その道があなたが進むべき道だという事ではないでしょうか。

 

今回はここまで、ありがとうございました!

3日坊主を克服しよう!

みなさん、こんにちは。

今回は「3日坊主」について書いていこうと思います。

よく本を読んだり、セミナーに行ったりして、今回こそは英語の勉強を頑張ってみよう!今度こそはダイエットを頑張るぞ!なーんて、思って3日坊主になって終了!ってことってよくありがちな話ですよね。

今回はこの「三日坊主」克服法を書いていこうと思いますね。

 

よし今回こそは英語の勉強を頑張ろう!と思って英単語を2日間頑張ってみたけど、3日目に挫折・・・もうやーめた!

これ、どうにかしたいですよね笑

 

色んなコツがあるんですが、新しい習慣をつけていくには最初はゆっくり、無理をせずってのがポイントなんです。

 

・最初はゆっくり、無理をせず(1日5分だけ英単語を勉強、最初の一週間は20分だけウォーキング等)

 

・やる気なんてすぐに下がるから考える前に行動

(机に座る、考える前に単語をノートに書き始める)

 

・最初は低い目標を達成していこう!(一ヶ月で1kg減量等)

 

上記の3つがポイントですね。

3日坊主の原因なんですが、主に潜在意識が関係しているんですね。

潜在意識とは言い方を変えれば自律神経の様なものです。

人間の顕在意識と潜在意識の割合は顕在意識1%、潜在意識99%と言われています。

 

新しい習慣(ダイエット、資格試験等)の勉強が続かないのも「潜在意識」の抵抗にあっていたからなんですね。

「いや、俺は潜在意識には負けねぇから大丈夫」という方もいらっしゃるかもしれませんが、あなた一人対あなた2万人の戦いとなりますが勝てる自信はありますか?笑

 

今までの習慣を新しい好ましい習慣に変えていくためには潜在意識について遠回りかもしれませんが、学んでいくことをお勧めします。

今回はここまで!ありがとうございました!

 

これであなたも成功できる? 潜在意識の活用法について

こんにちは。

毎日、暑い日が続いていますね。

今回はおすすめの潜在意識活用法をご紹介していきます。

 

ある言葉を唱えるだけで、不思議な事が起こり始めるんです。

そのある言葉とは「ありがとう」です。

心で感謝していなくても呪文の様にありがとうを唱えていると、不思議と「ありがとう」と言いたくなる現象が起こります。

不思議ですよね。

斎藤一人さんも「ついてる」と呟いてれば「ついてる」事が起こるよ!とおっしゃっていますが、「ありがとう」を唱えていると不思議と日々の何気ない日常もありがたく感じてきて、とてもほっこりとした気持ちになれるのでおすすめです。

 

まとめ

今回はビジネスとは直接関係ない事だと思われたでしょうが、多くの成功者の方が成功した一番の要因は運だと仰っています。

あなたも暇なときに「ありがとう」を唱えてみてはいかがですか?

注意点が一つだけあります!それは唱えている最中は愚痴、不平不満、泣き言を言わない事です!

騙されたと思ってやってみてはいかがでしょう?

チャレンジしてみて、良い事があれば、よければコメントしてください!

ありがとうございました!!!

起業して本当に役に立った3つの事

みなさん、お久しぶりです。

ようやく落ち着いてブログを書く時間が取れました。

今回は、まだまだひよっこの僕ごときがこういった記事を書いていいのか悩みましたが、これまでの3年間を振り返り、僕の経験を少しでもシェアできればと思いました。

少しでもこれから起業や副業を考えている方の参考になれば幸いです。

 

まず、一つ目は・・・・クラウドファンディングです!

僕は起業した最初の年にCAMPFIREという購入型クラウドファンディングでは日本で最大手のサイトからクラウドファンディングを立ち上げました。

 

camp-fire.jp

 

こちらの企画をきっかけに大手のマスメディアから取材を受ける事ができました。

思いもよらぬ出会いが生まれたり、様々な所からお声をかけていただくことができました。

 

 

2つ目は、人と出会うことです。

このクラウドファンディングをやろうと思ったきっかけは、ある時に出会った人物からこの事業はクラウドファンディングがあっているのかもしれないと勧められた事がきっかけでした。

人は出会いで人生が変わる事がありますが、僕の場合はまさしくそうでした。

 

 

3つ目、勇気を出す事。

起業した当時は、「本当にうまくいくんだろうか、このアイデアは大丈夫なんだろうか」と不安でいっぱいで、着物シェアリングというアイデアをせせら笑われたりもしたんですが、勇気を持ってプレスリリースを配信、クラウドファンディングを実施する事ができたんですね。

 

 

起業をすれば、これまでの生活(学生や会社員時代)では出会った事がない方々との出会いが生まれます。

人との出会いと同時に自分はどれだけ力がないんだという事を思い知らされます。

ですが、色々と思い悩んでも前に進んでいくしかありません。

 

この3つの中で、今すぐにでも実践していただきたいのは人と出会う事です。

出会いというと異業種交流会と仰る人も多いでしょうが、個人的にはあまりお勧めはできません。

もし参加したいのであれば、無料や少額の異業種交流会は宗教や売れない士業の方しかいないので、一回5万円以上の異業種交流会に行かれる事をお勧めします。

今日は七夕ということもあって、【出会い】の大切さを改めて感じると共に、この記事を読んで命の時間を使って頂いたことに感謝しつつ終わることにします。

 

それでは!ありがとうございました!

 

 

サブスク疲れ サブスクリプションサービス

動画、音楽、洋服や食事といったサービスもサブスクリプション化しており、

今年度の市場規模は6485億円まで達するとみられています(矢野経済研究所

 

日本よりも米国の方があらゆるサービスのサブスクリプション化しており、人々の生活に浸透してきていますが、「サブスク疲れ」も増えてきています。

 

サブスク疲れ

あらゆるサブスクリプションサービスが乱立しており、毎月の支払いに疲れ始めた消費者が増え始めたとのことです。

www.nikkei.com

 

例えば僕が利用しているサービスは携帯キャリア、WOWOWDAZNNETFLIXです。

毎月の支払いは1万円を超えてしまいますが、中には数万円に達する方もいらっしゃるでしょうね。

企業側はエンドユーザーとの繋がりを重視し、飽きられないやめられない工夫を常にしていかなければなりませんし、同時に解約しやすいような仕組みづくりをすることによって、消費者からの信頼を作っていく施策も必要ではないかと個人的には思っています。

複雑な退会処理ではなくボタン一つで解約できるのは同時にサービスに自信がある事の裏返しですよね。

 

まとめ

なんでもサブスクリプション化していくのもどうかとは思いますが、

サブスク化し消費者側はお得感を感じ、企業側は安定した収益による業績が安定する事を考えるとあらゆるサービスがサブスクリプション化していく流れも止められないのかなと思います。

まぁサブスクリプションサブスクリプションと言っていますが、最終的に生き残るサービスは顧客との距離が一番近いサービスなのではないかと思います。

今回はここまで!ありがとうございました。

 

 

エンジェルナンバーってご存知ですか?

この所、新規事業の準備等で忙しく、サブスクリプションに関する勉強が不足してます・・・苦笑

 

さて、今回はエンジェルナンバーというものをご紹介していこうと思います。

エンジェルナンバーってなんぞやという方も多いでしょう。

 

 

エンジェルナンバーとは?

ふとした時、

  • 「時計を見たら11時11分だった」
  • 「今日はやけに222ナンバーの車を見る」
  • 「お釣りがちょうど777円だった」

こんな経験はありませんか?

このちょっとした寄寓を人はエンジェルナンバーと呼びます。

何度も同じ数字が目の前に現れた時、あなたは無性に意味を探したくなっているはずです。

もしこの数字を通して誰かがあなたにメッセージを送っているとしたら、偶然として片づけてしまうなんてもったいないですよね。

これをスピリチュアルの世界では、幸せを呼ぶ天使からのメッセージ『エンジェルナンバー』と呼ばれています。エンジェルナンバーを知って幸運を受け取る準備をしましょう。

spi-con.com

 

この頃、8888をやけに多く見かけるんですよね。

なんで、こんなに888や8888を見かけるんだろうと不思議だったんです。

888 収穫の時期がきました。
今まで頑張ってきたことに区切りをつけ、成果を受け取ることに意識を向けましょう。

こういうメッセージがあるんですね。

確かに、これまでの努力が実を結ぶ時がきましたと別のサイトでも書いてあったので、

まぁジンクス的なものですが、前向きな情報なので取り入れることにしました。

 

さて、このエンジェルナンバーなんですが、宝くじ等を購入する際にも是非、参考にされてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

今回はこんな感じで。

今日は555を見たんですよね、まぁ意味がないのかもしれませんが、

ナンバープレートを見ることでも人生を豊かにするちょっとしたスパイスになるかもしれません。

それでは!ありがとうございました!

サブスクリプション モノからコトへ

サブスクリプションサービスも市民権を得て、急激に各企業の導入が始まっています。

日本の成長市場の一つであるインバウンド市場(訪日外国人)は爆買いという言葉に象徴されていたモノ消費から日本文化の体験にシフトしていくコト消費に移りつつありますが、サブスクリプションサービスは正しくモノ→コトを象徴するサービスとなっています。

 

モノを作り売る、その場限りの企業とお客様の関係を継続的な価値を提供しお客様にご満足頂く、正しくコト(体験)消費ですよね。

 

このコト消費の軸となる考え方があります。

・一つ目は全てのユーザーを満足させるサービスを作らない事。

これは起業のコツといいますか、ランチェスター戦略的な発想といいますか、

例えば10代から60代までのユーザー全てに受けるサービスを作ろうでは"誰の心にも刺さらないサービスとなってしまうんですよね。

サブスクリプションも同じで、飲食店をやられている方は常連さんがいらっしゃると思いますが、"常連さん作り"がサブスクリプションサービスには欠かせないんですよね。

スナックでいうボトルキープと同じです。

 

常連さんには裏メニューを提供したり割引したりしますよね、Webサービスでも同じことが言えると思います。

Webサービスの場合、ボタン一つで解約できますから継続的に利用していただく為にも"常に改善"することが求められます。

まぁ、どの商売もカイゼンしなければあっという間に潰れてしまいますけどね。

 

紋切り型のサービスでは通用しないと思います。

ITって一昔前では虚業と言われていましたが、今では高給取りのほとんどがエンジニアとなり、今後はエンジニアの需要は飛躍的に高まっていくでしょう。

 

プラットフォームは用意してるから、あとは勝手に使え!的なUXだった某CFサービスを利用した際に、「僕だったらこうするのになぁ」「オペレーターがもっと親身にやってくれないかなぁ」と思っていたりしました。

某CFがサブスクに参入してくるのかわかりませんが、僕だったら利用しません。

担当者が最悪でしたからね笑

 

まとめ

Webサービスもこれまでの様にプラットフォームを作りました!あとは勝手にどうぞ!わからない人は検索してください!的なサービスは廃り、親身にお一人お一人に合ったサービスを提供できる企業が生き残っていくのではないでしょうか。

口に聞こえたら申し訳ないです。

ただ、あそこのCFは日本でも最大級のCFサービスなので、もっとUX(顧客体験)を改善していただけたらと思っているんです。

WaLendも貸主様、借主様にご満足いただける様に常にカイゼンしていきますので引き続きよろしくお願いいたします。

それでは!ありがとうございました!