童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

シェアリングエコノミーについて

PGF生命さんがシェアリングエコノミーと所有に関する意識調査2016を行ったとの事。

 

news.mynavi.jp

 

 

この調査で弊社に直接関係のあるところを抜粋すると。

 

シェアリングエコノミー型サービスの利用意向について

「ファッションレンタル」は20代女性(12.0%)や30代女性(13.0%)で他の層よりも高い結果に。若い女性はファッションアイテムのレンタルサービスに魅力を感じていることが見て取れた。

 

不安な点

特に女性は、「個人間でトラブルが起こらないか不安」(65.6%)や「個人情報の漏えいなど、セキュリティ面が不安」(42.3%)の割合が男性よりも高いことが明らかとなった。

 

そして、シェアリングエコノミー型のサービスが普及していくためには何が必要なのか。。。

全回答者に、どのような相手や運営であればシェアリング・エコノミー型のサービスを利用してみたいと思う気持ちが高まるか教えてもらったところ、「事故やトラブルが起こった時の取り決めや保障がある」(41.8%)、「信頼できる会社がサービスを運営している」(40.5%)、「過去の利用者から多数の高評価がついている相手との取引」(40.1%)が上位回答との事。

信頼できる会社=大企業になるんでしょうね・・・

 

弊社の近況

これまで、色んな方々と接し、チラシを手配りしたり知人を紹介してもらったりしたんですが、反響としては正直な話あまり良くありません。

すぐに広まるなんて甘い考えは持っていませんでしたが、やはり厳しいと感じる部分は多々あります。

特に弊社のサービスは、お着物という高級品を取り扱っていますので、創業したての会社では信用がないのは当然ですし、もっと努力をしていかなければならないなと感じています。

これまでも違った面で厳しいなと痛感した事がありました。

思い起こせば、昨年の秋頃の事です。

僕がこのサービスを立ち上げる前に一人のおばあさんにお話をさせて頂く機会がありました。

それは福岡・天神での出来事です。

まだ、サービスに確信が持てない時期に、顧客インタビューをやってみました。

天神にはお着物でお出かけされてる方も多く、一人のおばあちゃんにお話を聞かせて頂くことができました。

サービスの説明を一通り終えると、おばあちゃんが一言「着物は確かにタンスの肥やしになってる。でもね、お着物は一つ一つ思い出があって他人に貸したくないって人もいると思うのよ。確かにあなたのアイデアはいいけどね」と厳しくもあり、ありがたいお言葉を頂きましたが、かなり凹みました。

でも最後に、そのおばあちゃんが「でもね、本当にあなたのアイデアが世の中の人に受け入れられた時は、年金暮らしで困ってる私ら年寄りは、かなり助かる人もいると思うわ。頑張ってね」と仰って頂いて、本当に嬉しくそして頑張らなきゃなと励みになりました。

 

まとめ

信頼・安心

何の事業でも同じですが、ここがやはり肝なんだなと感じます。

安心して出店して頂く為にはどうすればいいのか、気軽に借りて頂く為には、今日は何をすべきか、日々肝に銘じて改善していこうと思います。

来年の今頃はたくさんの笑顔を見ることができると信じて頑張っていきます!

 

今回も拙い文章でしたが、読んで頂きまして誠にありがとうございました。