読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

シェアリングエコノミー系サービスが社会にもたらす影響。

シェアリング系サービスはエコである

jp.techcrunch.com

シェアリングエコノミー系のサービスは「少ないことは良いことである」という価値観に重みを与えているそうです。

米国の調査なんですが、78%の方が「ゴミや廃棄物を減らすことができる」と回答されています。

 

先日、貸主募集のチラシを手配りしていたところ、ひとりのお年寄りの方が「この間、捨てたのよね・・・こんなことなら取っておくべきだったわ」と仰られた方がいました。

お年寄りのお着物は若い人は着ないんじゃない?と貴重なご意見を頂いた方もいらっしゃるんですが、意外とアンティーク着物が好きだと仰る若い方も多くいる事が分かりました。

今までは捨てられていた着物が、弊社のサービスで多くの女性に喜んでいただけるといいなと思います。

弊社もそうですが、シェアリング系サービスは簡単に言うと非常に地球に優しいサービスなのではないかと思います。

 

シェアリング系サービスをもっとお年寄りに使って欲しい

www.mri.co.jp

シェアハウス、ライドシェア等もそうですが、お年寄りにも非常に優しい社会になりつつあります。

高齢者は賃貸を簡単に契約できませんし、子供と暮らす事も様々な事情でできないお年寄りが多くいます。

老人ホームも順番待ちでいっぱいです。

やがて僕らも年をとりますし、今の後期高齢者は今日の日本を築き上げてこられた偉大な先輩方です。

僕等の様な若い世代がお年寄りのこういった問題を解決しようと行動することが必要なのかなと思いますし、ひとつの解決策としてシェアリングサービスがあるのかなと思います。

AirbnbUberが本当に安心して使用出来るサービスになれば所有するという事にあまり意味を持たない社会になりつつあるのかなと思います。

 

まとめ

世の中は必ずよくなります。

100年前の社会より現代の方が確実に良くなっていますし、これからも世の中は必ず良くなっていくと僕は思います。

世の中を良くする手段のひとつとしてシェアリングエコノミー系サービスもその一翼を担えるのではないかなと思います。

 

今回も読んでいただきまして誠にありがとうございました。

また次回もよろしくお願い致します。