読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

作りたい未来

f:id:testimobarca-kikuchi:20170511021255j:plain

熊本地震から1年、この一年も激動でした。

クラウドファンディング、朝日新聞社からの取材、NHKからの取材・・・。

今年の元旦、朝日新聞の一面、大谷翔平選手の上に・・・俺じゃん(笑)

結構パニックでした。

 

朝日新聞の記者さん、NHKあさイチのディレクターさん、とても暖かい言葉をかけて頂き本当に感謝です。

なかでもディレクターさんに「上田さんのビジネスは世の中に必要とされているから放送させてください!」と仰って頂けたのは本当に泣きそうな位、嬉しかったです。

 

実は一度、熊本での撮影が決まっていたのにも関わらず、弊社の都合でお断りをしたんですが、放送前日に是が非でも放送したいと仰って頂きまして、フリップのみでの紹介となってしまったんですが、それでもかなりのお申し込みがあり非常にありがたかったです。

 

さて、作りたい未来のお話をさせて頂きたいと思います。

あと数年後、人々の生活は「生きる為に働く」ことではなく「人生を充実させる為に働く」ことになっていくと私は思います。

簡単にいうとAIの発達により、生きる為に人が働く必要がなくなるからなんですね。

これからの社会は、芸能人、YouTuber、スポーツ選手など、人々を楽しませる職業の方々が増えていくのかもしれませんね。

 

WaLendの企業理念は、「全従業員の物心両面の幸福の追求と人類の発展に貢献すること」です。

どっかで聞いたことあるよな?とお思いの方もいらっしゃるでしょう(笑)

そうです!京セラさんの理念を丸パクリしてます。

 

稲盛さんの書籍は全部もってますし、私の尊敬する経営者のお二人「神田正さん、山田昭男さん」このお二人の経営者は本当に従業員を大切にされている方々です。

私も彼等の様な経営者になりたい、そう思っています。

 

私なりの幸せの定義なんですが、「死ぬ前に、生まれてきてよかったなぁ。何にも思い残すことはない」と思えるかどうかですね。

あとひとつ、大事なことが「今、与えられていることに感謝すること。ご飯を食べられていること、目が見えること、好きなことを仕事にできたこと等」

 

それでは、私が経営者として、これから一緒に働く仲間たちに何ができるかということなんですが、「給料、お休み、労働時間の短縮」だと思います。

 

これから一緒にWaLendを広めていく仲間たちに、最高の職場環境を提供できるか、そこが私の人生の目標であり使命だと感じています。

 

今日は遅くなったので、ここまで。

久しぶりのブログでしたが、読んで頂きまして誠にありがとうございました。

 

来月から、弊社は東京へ進出します。

インターン、アルバイト、大募集中です。着物に興味がある方、世界一従業員が幸せな会社を共に創って行こうという方、お待ちしております。

お問い合わせはこちらまで!

info@walend.jp

お待ちしております。