童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

成功するために大切なこと

士業の方とお話をする際に「上田社長」と言われることが増えてきました。

メールにも「上田社長」と・・・。

まぁ確かに、私は社長なんですが、いかにも媚びているようでなんだか・・・

これって、人を褒めて意のままに操りたいのが見え見えなんですよね・・・。

 

今は減りましたが、セールスマンが飛び込み営業で訪れた際に、お子さんを褒めたり奥様を褒めたりするのも、相手の自己重要感を埋めるために行うセールステクニックなんですね。

普段、褒められたりすることがない人は、簡単に騙されますので注意した方が懸命ですよ。

特に、初対面で笑顔&執拗に褒めてくる人は要注意です笑

 

会話の中で、凄いと言われたい人って結構いますよね。

自分の学歴だったり、社歴だったり自慢ばかりする人が。

私は、絶対に自慢はしません。

ハッキリ言いますが、百害あって一利なしです。

弊社のことに関しても、メディア掲載されたと他人に話す際も利害関係のある人しか話しません。(もちろん、売り込みのためです)

 

自慢話を話している本人は損をします、ハッキリ言いますが、その時の快楽は高くつきますよ。

本当に成功されている人は、経歴が凄い、知識がある、ルックスがいいなんて必要ありません。

本当に成功されている人は、人間関係の達人なんですね。

今の世界の長者番付20位以内の総資産を合わせても勝てない超億万長者だったアンドリュー・カーネギーの暮石にはこう記されています

自分より賢き者を近づける術知りたる者、ここに眠る。Here lies one who knew how to get around him men who were cleverer than himself.

 

あなたは自慢話をしていますか?

周りの人は楽しそうですか?

人間は理性の動物ではなく、感情の動物です。

四面楚歌になりたいのであれば、止めませんけどね苦笑

自分の自慢をやめ、まず目の前の人の長所から褒めていきませんか?

あなたも平成のアンドリュー・カーネギーになれるかもしれませんよ。