童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

シェアリングエコノミー 系サービスのご紹介

1.シェアリングエコノミー  5つの分野

 

使わないモノや空いてる空間、空き時間を、それらを必要とする人や企業にシェアするという考え方、新しい経済の形を「共有型経済・シェアリングエコノミー」と言われています。

 

このシェアリングエコノミー 系のサービス、大きく5つの分野に分かれています。

 

1.家や駐車場などの「スペース」のシェア

2.車やライドシェアなどの「移動」のシェア

3.着物、普段着、車などの「モノシェア」

4.翻訳やデザインなどの技術、育児シェアなどの「時間・技術」のシェア

5.個人間融資や印刷機械などの「リソース」のシェア

 

 

スペースシェアのサービス

 

akippa

www.akippa.com

akippaってこんなサービスみたいです。

 

 

xn--akippa-nf8ih47dmx9e6etb5lza.xyz

 

 

スペースマーケット 

BtoB向けのAirbnb”。企業の持つ遊休スペースや利用時間外のスペースを、会議や株主総会、研修、イベントなど向けに貸し出すためのマーケットプレイス

 

spacemarket.com

 

 

移動のシェアサービス

 

Uber

シェアエコの代名詞と呼ばれる2大サービスの一つ。

Uberは最も知名度の高い、シェアリングエコノミー を代表するサービスのひとつです。

現在、78ヶ国、600都市以上で展開されています。

ユーザーそれぞれの母国語で利用できる為、土地勘のない地域でも安心して利用することができます。

 

https://www.uber.com/ja-JP/

 

Lyft

日本人は知らない方も多いと思いますが、それもそのはず現在は米国のみで展開されています。しかし、一日の平均乗客者数は100万人を昨年の夏に超えているUberを追いつけ追い越せの注目のライドシェアサービスとなっています。

https://www.lyft.com/

 

 

business.nikkeibp.co.jp

 

モノのシェアサービス

 

 

着物のシェアサービス「WaLend」

既存のスポットレンタルと比べ、格安に借りることができ、貸主は眠った着物でちょっとしたお小遣いを稼ぐことができるサービス。

Wa Lend | つながりから生まれる幸せ/着物レンタル

 

 

メルカリ

フリマのシェアエコサービスですね。

 

https://www.mercari.com/jp/

 

時間・技術のシェアサービス

 

AsMama

お迎えの時間に間に合わない!」
「数時間留守にしなきゃならないのに、子どもの預け先がない……」

そんなママ・パパの『困った』を、顔見知り同士でワンコインから頼り合える「子育てシェア」との事です。

asmama.jp

 

 

 

クラウドワークス

crowdworks.jp

仕事を頼みたい企業、個人と働きたい個人のマッチングサービス。

 

 

リソースのシェアサービス

 

CAMPFIRE

日本のクラウドファンディングの最大手の一つでもあるキャンプファイヤーさんです。

私もサービスの開始時にお世話になったサービスです。

camp-fire.jp

 

 

ラクスル

印刷機器のシェアサービスであるラクスルさん。

私もチラシなどを印刷する際にお世話になりました。

raksul.com

 

今回はここまで。

ありがとうございました!