童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

シェアリングエコノミー 信頼と安心

シェアリングエコノミー系のサービス、今の日本で本当に浸透しているサービスはメルカリとAirbnb位でしょうか。

 

メルカリもAirbnbも手軽で安いというポイントが利用者側にとっては最大の売りなんでしょうけど、その裏でシェアリングエコノミー 系のサービスとBtoC系の一般的な(ホテル・旅館業や小売業)と比べて、信頼や安心という面で不安を感じたりする事が多く、今年の成人式では例のハレの日事件(メルカリに大量の振袖が出品された)も起こりましたし、こういった悲しい事件も起こっています・・・。

 

dot.asahi.com

こちらの記事では「Tinder ティンダー」というマッチングアプリが取り上げられていますが、現場となったマンションは闇民泊として中国人旅行者に一日8000円で貸し出されていたものらしく、民泊シェアの闇の部分が露呈した事案となりました。

 

Airbnbに限らず、海外でも民泊による犯罪行為は多く、日本でも法律の整備が急がれますね。

www.sankei.com

 

Airbnbでの事件例と危険度ランキング!対策を総まとめ | 民泊大学

 

 

信頼と安心を利用者同士で育んでいく、また運営側も信頼を積み重ねていく事で、解決できるのではないでしょうか。

その為には保険も必須となるでしょうね。

シェア保険 | シェアリングエコノミー協会

 

信頼と安心の可視化として、レビューは大事な機能でしょうね。

単純な機能云々というより、モノ、スキル、空間、時間、全て他者の所有するものを使わせてもらっているという気持ち、提供者側は使ってもらっているという感謝の気持ちが根底にないと成り立たないと思います。

 

どこかシェアエコは仏教に近い精神性なのかなと感じています。

それでは、また次回!

 

 

株式会社WaLendでは、現在、プログラマー、デザイナーを募集しております。

年齢・職歴は問いません。

志ある方を募集しております。

ちょっとでも興味あるよ!というあなた!

info@walend.jpまで!

お待ちしております!!!

 

 

 

 


j