童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

シェアリングエコノミー 安全性の担保

さて、今回はシェアリングエコノミー 普及の課題について、深掘りしていこうと思います。

今回は「サービス提供者、利用者の安全確保」についてです。

 

日本で中々、シェアリングエコノミー が流行らない要因の一つとして、トラブル対応に対する対応が不安だからとの事。

 

シェアリングエコノミー 系のサービスの場合、サービス提供者は企業(大企業)ではなく、素性やバックグラウンドが分からない個人やベンチャー企業となります。

その為、提供されるサービスの質に差があり、マナーの悪い利用者によるトラブルや事件に巻き込まれてしまう可能性があります。

 

実際にこういったトラブルも起きています。

share-life.me

 

【要注意】Uberを使ってみたらドライバーとUberに騙されてとんでもない目に・・・ | 人生を変える「海外一人旅」バージョンアップ版

 

CtoC(個人間取引)の場合、事業者の様に安心・安全に配慮した取り組みは、まだまだ不足しているのが実情です。

 

トラブル対応への不安を抱えるのは当事者(提供者・利用者)だけではない事も多く、

民泊ではゴミ問題や騒音問題、駐車場シェアでは、全く知らない第三者が利用する事も近隣住民にとって不安の種となる事もあるでしょう。

 

car-teach.com

 

www.crystalbowlhealing.info

 

今回は課題について書いてみました。

次回は、この様なトラブルや不安に対して、事業者がどの様な対策を行なっているのかまとめていきます。

ありがとうございました!

 

株式会社WaLendでは、現在、プログラマー、デザイナーを募集しております。

年齢・職歴は問いません。

志ある方を募集しております。

ちょっとでも興味あるよ!というあなた!

info@walend.jpまで!

お待ちしております!!!