童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

シェアリングエコノミー  一宿一飯の恩義

面白いサービスを見つけたので、ご紹介!

ideasforgood.jp

 

田舎に泊まろうというTV番組をご存知の方は、ある程度ご理解いただけると思うんですが、こちら

www.youtube.com

芸能人が田舎に行き、宿泊先の民家を自力で探し、泊めてもらうお礼にお手伝いをするテレビ東京のバラエティー番組です。

この番組、これといって特徴のない番組だったんですが、

芸能人の田舎の家族との交流をドキュメンタリータッチで描いた番組で、

なぜかグッと引き寄せられる特別な魅力を持った番組だったんですよね。

 

簡単にいうと、このWEBサービス版が「Workaway」というサービスです。

イギリスのバックパッカーの創業者が立ち上げたサービスなんですが、

日本でいう一宿一飯の恩義的なサービスで、週単位でボランティアを行い、宿泊料は無料、世界各国からボランティアの方も参加されているので仲良くなりやすいのが特徴だそうです。

尚、利用経験者によると2週間以上の宿泊がおすすめなんだとか、学生で世界一周の旅に出てみたい方はいいんじゃないでしょうか。

 

yuuma7.com

 

類似サービスでカウチサーフィンなんかもあるんですが、カウチサーフィンはより(住)に特化しているサービスですが、こちらの方が「一宿一飯の恩義」という昔の日本文化に近い思想のサービスの様な気がします。

 

シェアリングエコノミー の特徴である人と人との繋がり、心と心の交流に特化しているサービスで物凄く魅力を感じました。

 

旅ではないですが、ブラジルにサッカー留学していた頃、ブラジル人と仲良くなった経験がありますが、言葉が分からなくても何か通じ合うものがありました。

20年近く経ちますが、今でも名前を覚えていますし、一生忘れない思い出となっています。

 

一生に一度はこういった経験をしていくのも楽しいんじゃないでしょうか。

僕も時間ができたら是非使ってみたいサービスです。

 

今回はここまで。

ありがとうございました!

 

WaLendでは現在、お手伝いをしていただける方を募集しています。

技術、経歴、学歴、リモートワーク、問いませんが、一つだけ。

「世界一従業員が幸せな会社を創る」という弊社のビジョンがあります。

このビジョンに賛同していただける方のみご応募いただければ幸いです。

 

お問い合わせはこちら→info@walend.jp

 

ご応募お待ちしております!よろしくお願いします!