童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

シェアリングエコノミー  日本は途上国並み・・・

今年7月、シェアリングエコノミー について、213の国と地域のランキングが発表されました。(スウェーデンシンクタンク調べ)

こちらのランキングによりますと、1位はアイスランド、2位はタークス・カイコス諸島、3位はマルタといった島国が占めています。

対する日本はどうなっているかと言いますと、91位・・・低っく笑

先進7ヶ国では最下位、アジアではフィジーやトンガといった国よりも低いそうです。

日本はシェアリングエコノミー では発展途上国という事は間違いなさそうです。

 

それでは何故、ここまで発展していないのかと言いますと、認知不足と過度な規制に問題がある様です。

シェアエコの2大巨頭の一つであるAirbnbですが、こちらのサービスは今年の3月では6万件以上も掲載されていたんですが、2018年6月15日の住宅宿泊事業法により伸び悩んでいる様です。

 

www.youtube.com

 

こちらのニュースによるとピーク時の半分までは何とか回復しているみたいですが、やはり規制が厳しい様ですね。

 

認知不足に関してなんですが、こちらは肌感覚としては、「Airbnbって民泊のやつね?あの騒音とかゴミ問題とかさ・・・」「メルカリみたいなやつでしょ?」なんて言われるんですが、メルカリはフリマでありシェアリングエコノミー の本流とはちょっと違うんですよね。

 

女性に聞いてみると、ラクサス(バッグのシェアサービス)を知っている方はちらほらいらっしゃるんですが、Airbnb以外はどこも同じ印象を受けます。

つまり知られていません😭

 

こんな便利なサービスがあるんですよと、小一時間説明したらやっと理解できるレベル、まぁ熊本と東京では全然違いますが、それでもまだまだ認知度が低いです。

総務省調べによりますと、57%の方がシェアリングエコノミー という言葉すら知らない方がいらっしゃるという事で、なかなか厳しいですね苦笑

信頼が大事なシェアエコですので、急な拡大というよりかは、対面での説明等が効果的なのではないかと思います。

弊社は弊社なりに信頼を着実に積み上げていきたいと思っております。

 

あと高齢者に認知していただけるとすれば、WaLendではないかなと思っていますので、

高齢者は任してください!

 

今回はここまで!ありがとうございました!

 

WaLendでは現在、同じ船に乗っていただける方を募集しています。

技術、経歴、学歴、リモートワーク、問いませんが、一つだけ。

「世界一従業員が幸せな会社を創る」という弊社のビジョンがあります。

このビジョンに賛同していただける方のみご応募いただければ幸いです。

 

お問い合わせはこちら→info@walend.jp

 

ご応募お待ちしております!よろしくお願いします!