童顔社長の日々雑感

国内外のシェアリングエコノミー系サービス/感想/自社サービス関連の記事をつらつらと書き連ねていきます

シェアリングエコノミー  シェアリングエコノミー大国 中国の現状

日本と中国のシェア事情は全く違うものになっておりまして、日本の市場規模5250億円、対する中国は約84兆円となっておりまして、天と地ほどの差がついております・・・。

 

sharing-economy-lab.jp

 

ここまで差がついてしまった要因は以下の通りです

 

①規制の問題

②日本と中国の国民性

③既存サービスの質の差

④中国政府はやってみなはれ精神

 

①の規制の問題なんですが、例えばUber本来のサービスは日本では白タクとなり違法ですが、中国では当初は既存のタクシー会社から日本の様に猛反発を食らったらしいのですが、国民の支持を得て普及していき、今では中国の配車サービス大手、Didi Chuxing(滴滴出行、ディディチューシン)がUber中国を買収し、世界的にもライドシェアの大手となっています。

日本では民泊も含めて「なんだか危なそう」「違法なのでは?」といった理由で、なかなか普及されないんですが、中国では政府主導でシェアエコを広めていっているんですね。

 

日本と中国の国民性の違いも大きく、日本人はトラブルを避けたがり、既存のサービスのレベルも中国とは大きく違っており、個人が提供するサービスはレベルが低いといった印象を持たれている方が多いみたいです。

対する中国は、シェアエコが登場するまでの既存のサービスのレベルが低く、特にタクシーだと「メーターを動かしてくれない」「どこに連れていかれるかわからない」といった事も多かったらしく、テクノロジーが信頼の担保となっているシェアエコのサービスの方が安心して使えるといった事もある様です。

 

まぁ個人的には日本のタクシーも観光客だと遠回りして時間を稼いだり、ホテルも接遇がイマイチだったりして、既存のサービスもレベルが高いとは思えないんですよね笑

 

 

prepared--slides.com

 

まとめ

中国では「シェアエコの方が安心・安全」と思われている方が多いみたいです。

日本では「危ない・不安」だと思われているシェアエコですが、我々事業者のアピールが足りないのかも知れませんが、このままだと日本はシェアエコ後進国として取り残されてしまうかも知れません・・・

 

 

 

今回はここまで!ありがとうございました!

 

WaLendでは現在、同じ船に乗っていただける方を募集しています。

技術、経歴、学歴、リモートワーク、問いませんが、一つだけ。

「世界一従業員が幸せな会社を創る」という弊社のビジョンがあります。

このビジョンに賛同していただける方のみご応募いただければ幸いです。

 

お問い合わせはこちら→info@walend.jp

 

ご応募お待ちしております!よろしくお願いします!